味噌汁を飲みます

そんなに深く考えて書いていない

2020年3月22日 の翻訳

www.bbc.com

Diamond samples in Canada reveal size of lost continent

カナダのダイアモンドのサンプルは失われた大陸の大きさを明らかにする

カナダ人科学者は太古の大陸のてがかりを発見して、以前から考えられてきた大きさより10%以上大きかったのではないかと提案した。

彼らがグリーンランド近くの大陸が氷河におおわれたバッフィン島のダイアモンドのサンプルを調査しているときに彼らは北アメリカクラトンの痕跡であることに気づきました。

クラトンは古代の地球の大陸地殻の安定的なパーツです。

アメリカクラトンは1.5億年前にばらばらになり、現代のスコットランドから北アメリカまで伸びました。

科学者はキンバーライトでの調査でバッフィン島のダイアモンド時折含んだ石があるという証拠を偶然発見した。

「研究者にとって、キンバーライトは表面に向かう道で乗客を拾い上げる地下ロケットだ」とイギリスコロンビア大学の地学者マヤ・コピロバは言った。「乗客ははるか昔の細かな状況を豊富に含んだ岩の塊である」

コピロバとその同僚たちはそのサンプルにほかの北アメリカクラトンの鉱物的特徴が一致するといった。

「このような失われた痕跡を見つけることはパズルのなくしたピースを見つけるようなもの」とブリティッシュコロンビア大学のウェブサイトで言っているように引用されます

このサンプルはばバッフィン島南のチドリアックキンバーライト州の地中深くで採取された。

以前の地球のプレート再構築は1から10kmの深さで作られた浅井岩のサンプルに基づいていた。

コピロバはこの発見が既知のクラトンの大きさに10%追加するといった

「我々の知識は文字通りかつ象徴深い」といった