味噌汁を飲みます

そんなに深く考えて書いていない

2020年3月21日の翻訳

www.bbc.com

Japan cherry blossom season wilted by the coronavirus pandemic

日本の桜シーズンはコロナウイルスパンデミックによって委縮した

日本の人と数百万の旅行者はお花見もしくは花見の始まりを楽しんでいたはずです。

この国にとって一年の中で文化的にも経済的にも極めて大事な時期です。

伝統的には友達や家族があつまり、新世代にとっては完璧なインスタグラムの機会です。

しかし、今年のコロナウィルスパンデミックはイベントをキャンセルさせ、外国人観光客を遠ざけます。

関西大学の”みやもとかつひろ”は花見の経済的重要性を強調し、「日本の桜の季節は毎年大変大きな経済効果がある」と言った。

昨年の四月から五月までの桜の季節の間で約850万人の旅行者がこの国を訪れ、650億円をもたらした。

静岡大学のたけした せいじろうは日本経済において人々が陽気に飲食する集まりが重要であることを強調した。 「我々は人々が高額な出費をする傾向にあることを”財布のひもが緩む”と表現する」

「我々は多大な愛着をこの花と花見の季節に抱いている。たくさんの文化的要因と歴史的背景がある。」と竹下博士は桜の季節のより広い意義の説明を追加した。

今年の花見イベントはコロナウイルスの拡散を遅延させるために全国でキャンセルされている。

先週、東京都知事小池百合子はこの伝統ていな宴会を開かないよう促した。 同じくして、小池は花見は”イタリア人がハグをする”ように重要な文化であることに言及した。

宮本博士はそのようなパンデミック対策は今シーズンの旅行者数を大変厳しくし、1/3以上400億未満の利益減少を予測する

しかし、すべてが憂鬱で破滅なわけではない。「一度コロナウイルスの蔓延が収まれば、日本の花見シーズンは生活に戻ってくると信じています」と彼は最後に言った。