味噌汁を飲みます

そんなに深く考えて書いていない

WSLにVSCodeをインストールして使ってみる

そのまんま、WindowsVSCode、ちょっと不便だし・・・?
結果としては、私のPCでは不調なので使わない

この前

yokanyukari.hatenablog.com

こんなことをしたので、軽いWSL手に入れたし、GUIアプリも動くらしいし、やってみるかーと。

Windowsに入れているVSCodeのアンインストール

WLinux、便利なことにWindowsに入っているプログラムを起動できるんですよね。
今回はこれが仇になってしまい、codeとうつと、Windowsのものが起動する。

VSCodeのインストール

code.visualstudio.com

ここに書いてある通り。
WLinuxは、Debianベースなので、それに沿えば入る。

足りないElectron関連のパッケージを足す

igatea.hatenablog.com ここに

存在しないと言われるファイル インストールしたパッケージ名

の表があるので、そこのものを全部インストール。

起動してみる

起動した。 Windowサイズが変更できない、ショートカットが死んでいるなど、使いにくい・・・

まとめ

まぁ、実用性はないので今回はあきらめる(有力情報待ってます) 今回よかったのは、WLinuxはほかの WSL では

/mnt/c/

となっているものが

/c/

となっていてなるほどーって感じでしたね。